ダンスをするなら食事をチェック

社交ダンスは昔々から人気のある習い事として定着しています。

老若男女問わず楽しめるスポーツとして幅広い層のファンがいます。社交ダンスは優雅に舞うというイメージが強いかもしれませんが、そのようなボールルームダンスだけでなく、ラテン系の踊りやサルサもあって、幅広い種類や動き、音楽の種類があるのです。そのような社交ダンス、特徴を挙げるとそれはペアで踊ることです。いつでもペアで踊ります。社交ダンスを一人でおどることはあまりないそうです。だから常にパートナーと一緒に踊るのが社交ダンスなのですね。

 

そんなときに気を付けたいのがエチケットです。エチケット無くして、パートナーと一緒に踊るのは(普通に考えて)マナー違反ですよ。口臭や汗の臭いなど人が嫌だなと思うようなことは避けるようにするべきです。練習をしていくうちの汗は仕方がない事ですが、練習に入る前の汗は一緒に踊る人の気持ちを不快にさせます。ですから練習に入る前に汗を拭くことやデオドラント剤を使うことが大切な事です。

次に口臭予防ですが、まずできる事として食事に気を付ける事です。臭いの強い食事はレッスンの前に取らないようにしましょう。ニンニクの臭いを嗅ぎながら踊るなんて、考えただけでもムードが下がります。それに臭いの強い食事は実は汗となって、汗がにおうという事も考えられますから、やはりレッスンの前には食事に気を付けましょう!

社交ダンスは年配の方でもされます。ですから年配の方の場合、口が匂いの原因となっている場合もあります。食事だけでなく、歯磨きにも十分に気を付けてください。失礼ですけれど、年配の方は体臭というよりも口が匂う事も多いのです。老臭とまではいきませんが、でも口臭が周りに不快感を与えます。少しの気遣いで気持ち良くダンスのレッスンは出来るはずですから、ダンスのレッスンをするときは、ダンスのレッスンの前はくれぐれもエチケットに気を付けてくださいね。