ダンスをするなら食事をチェック

社交ダンスは昔々から人気のある習い事として定着しています。

老若男女問わず楽しめるスポーツとして幅広い層のファンがいます。社交ダンスは優雅に舞うというイメージが強いかもしれませんが、そのようなボールルームダンスだけでなく、ラテン系の踊りやサルサもあって、幅広い種類や動き、音楽の種類があるのです。そのような社交ダンス、特徴を挙げるとそれはペアで踊ることです。いつでもペアで踊ります。社交ダンスを一人でおどることはあまりないそうです。だから常にパートナーと一緒に踊るのが社交ダンスなのですね。

 

そんなときに気を付けたいのがエチケットです。エチケット無くして、パートナーと一緒に踊るのは(普通に考えて)マナー違反ですよ。口臭や汗の臭いなど人が嫌だなと思うようなことは避けるようにするべきです。練習をしていくうちの汗は仕方がない事ですが、練習に入る前の汗は一緒に踊る人の気持ちを不快にさせます。ですから練習に入る前に汗を拭くことやデオドラント剤を使うことが大切な事です。

次に口臭予防ですが、まずできる事として食事に気を付ける事です。臭いの強い食事はレッスンの前に取らないようにしましょう。ニンニクの臭いを嗅ぎながら踊るなんて、考えただけでもムードが下がります。それに臭いの強い食事は実は汗となって、汗がにおうという事も考えられますから、やはりレッスンの前には食事に気を付けましょう!

社交ダンスは年配の方でもされます。ですから年配の方の場合、口が匂いの原因となっている場合もあります。食事だけでなく、歯磨きにも十分に気を付けてください。失礼ですけれど、年配の方は体臭というよりも口が匂う事も多いのです。老臭とまではいきませんが、でも口臭が周りに不快感を与えます。少しの気遣いで気持ち良くダンスのレッスンは出来るはずですから、ダンスのレッスンをするときは、ダンスのレッスンの前はくれぐれもエチケットに気を付けてくださいね。

ダンスをするなら脱毛しておかないと

ダンスのようなパートナーと一緒に踊る競技や芸術は一緒に踊る相手の事を常に考えながら踊ります。相手の事を考える、という事は例えばほかのスポーツでも同じです。卓球やテニス、それ以外にもバスケットボールのようなスポーツも一緒にプレイする相手の事を考えて競技します。これらのスポーツとダンス、同じように相手の事を考えてプレイするのに何か違いがあるのでしょうか!?

 

ダンスとスポーツと決定的に違うのが、距離感です。ダンスは一緒に踊るのですから、その距離感がとても近いのです。近ければ相手の体の触れる事もあり、遠くても相手の目の届く範囲にいるものです。距離感の事を考えるとダンスは本当に至近距離で相手と一緒に踊る/プレイします。だからこそエチケットを大切にしたいものです。

特に衣装によっては本当に気を使わなければいけないようなものもあります。ベリーダンスにパートナーはいませんが(ベリーダンスは基本的に一人でおどるダンスなので)でもベリーダンスのような衣装を身に付けて踊る踊りがあります。トップとズボン。おなか周りがすっかりと空いているような衣装を着る時もあります。そうなると女性はムダ毛の処理などを気にしますよね。実際にダンスをやっている方の中には お腹周り脱毛 に気を使っていらっしゃる方もいらっしゃいます。

 

お腹周りの脱毛なんて…とお笑いのみなさん!脱毛についてとても気を使っていらっしゃる方の殆どは全身脱毛のコースを受けている方が多いのです。一か所、脱毛を始めると様々な他の場所のムダ毛が気になるものです。このような方は実はたくさんいらっしゃいます。脇はツルツルなのに、おなかの毛だけ濃い…と、そんな人はお腹の脱毛も始められます。まぁ、自然な考えと言えばそうなります。ダンスをするときはやはり特別な気持ちでいたい。そんな方は全身脱毛のコースを試してみられるのも良いのではないでしょうか?自分の体にウィークポイントは無い、と思うと気持ち良くダンスできますよ!

 

 

ダンスをするなら髪のケアが大事

ダンスにも様々な種類のものがあります。社交ダンス、バレエ、ストリートダンス…。

音楽に併せて体を動かすと「ダンス」と呼ばれますが(即興ダンスも含め)、そのダンスの中には人に見せるためのもの、それから自分一人で楽しむものと二種類あります。

 

自分一人で楽しむものの代表はクラブやディスコ(ちょっと古い言い方?)があります。踊りの方はどうであれ、テクニックは気にしないで自分の思うとおりに音楽に体を合わせて動かす…。踊るという事は人間の本能に刷り込まれているのかもしれない・・と思うくらい、誰でも小さな子供でも音楽に合わせて体を動かすことは好きです。楽しいのですよね、ただ単に!

 

人に見せるためでないダンスなら衣装や踊りを人に併せることなど何も気にしなくても良いです。クラブやディスコで踊る際、自分が楽しむことが一番大切にされますが、でも人に見せるためのダンスでは勝手が違います。見た目にとても気を使うのです。例えば衣装はダンスの表現の一部。それは表現を踊りの一部として考えている社交ダンス、バレエ、ストリートダンスでも同じです。能も歌舞伎も日本の踊り(ダンス)の一部です。日本の伝統芸能でもその役柄に合わせた衣装はとても表現の重要な役を担います。そう、それだから踊りの時に、自分がどのように見えるか、ってとても大切なのです。

衣装が大切なら髪型も大切です!

髪形も表現の一部です。髪形を自分の思うように表現したいのなら当然髪の毛のケアは大切です。カツラを付けて踊りを踊ることもよくあることですから、かつらを付けるためにも元の髪の毛のケアはとても大切なのです。それはプロであるほど気にするものなのです。最近、有名なバレエダンサーがアデランスのCMに出演しているのをご存知ですか?彼はまだ若いのに薄毛に悩んでいたそうです。舞台の上で王子役を踊ることも多い男性バレエダンサー。その王子様の髪の毛が全くなかったら…、若いお姫様は恋したくなくなるかもしれません…。舞台の上に立つ人はやはりカッコよく合ってほしいものです。ダンスをするのと髪のケア…。実は結びついていないようで深い関係性があるのです。